YouBankについて

YouBankが金利が高くてこんなに配当を出しても大丈夫な理由

YouBank、ちょっと気になってるけど、
月利10%だとか20%だとか
本当にもらえるの?



普通の銀行でそんなにもらえないから
なんだか怪しいって思っちゃう。


そもそもそんなに配当を出しちゃっても
大丈夫なの?



YouBankは年末で飛ぶ
「HYPEだから
ポンジだから
やらない方が良い。」

っていうネットでネガティブな意見を聞いちゃうと
どうしてもアプリダウンロードを
ためらっちゃう。



本当にYouBankはダメなの?
まだやろうか迷ってる…。


でも稼ぎたいから本当に大丈夫なら
大丈夫って証拠を教えてほしいな。


ていうあなたに今回の記事では

・YouBankはこんなに金利が高くて沢山配当出してるけど大丈夫な理由
・YouBankが出金停止や飛ばない確率がかなり高めな理由
・やっぱり稼げるのはYouBankだという理由

についてお伝えしていきたいと思います。



このブログ管理者は、youbankのグループを
かなりの勢いで伸ばしています。

その為、運営陣ともお話を出来るくらい
信頼を得ることが出来ました。

大口投資家は少ないですが、
これから資産を増やしたいと思っている

会社員の方や主婦の方、
仮想通貨投資で資産を増やして
自分のやりたい事を始めたいと思っている方
が多いです。

なので、売上高はそんなに高くないですが、
グループ数では群を抜いています。

これまでも約3年の間で、
投資案件の紹介&懇切丁寧なサポートで
億万長者を100人くらい輩出していますので、
記事の信頼性につながると思います。


YouBankが金利が高くてこんなに配当を吐き出しても大丈夫な理由

YouBankは普通の銀行に比べると
金利も高くて預けているだけで
毎日チャリンチャリンとお金が入ってきます。



ユーザー数も増えていくだろうし、
そんな中、みんなにこんなに配当出しちゃって
大丈夫なの?



やっぱり他の人が言うように
そろそろ飛ぶんじゃないかな…。。。



って心配になりますよね。



でも、YouBankはかなり安全性の高いものです。



その理由をお伝えしていきたいと思います。


YouBankはプロのトレーダーを100人以上抱えている

YouBankはプロのトレーダーを
130名ほど抱えています。


ゴールドマンサックスや
モルガンスタンレー出身者など、
金融のプロたちでトレードを行っています。

YouBankは実業で得る収益が
かなり大きく
、こういったトレードの他に



安く手に入れた不動産からの収入や
土地の売買でもかなり大きな収益を上げています。



一方、よくある配当型ウォレットでは、
どうやって利益を出して
配当原資としているかというと、


アービトラージやAIトレードで
利益を出してそれを配当に
回しています。



この状態でユーザーが増えて言った場合、
どんなことが起こるかというと、



例えば、某配当型ウォレットのユーザーから
全部で1000億円集まったとすると、
それを上回る金額1千500億円とかにするのって、
かなり難しいし、

暗号通貨自体の取引量が少ないので、
そんなに利益を出すことって難しいんです。



取引って、他の人が負けるから利ざやが出るのであって、
まだまだ暗号通貨取引の母数自体が少ないので、
ユーザーが増えれば増えるほど
お金が集まれば集まるほど、



配当の支払いはむずかしい状態になります。



こういうウォレットがほとんどですが、
YouBankは株式トレードや
不動産、土地といった、
実業からの収益を得ています。


手数料からの収益がかなり大きい

YouBankは配当型ウォレットの種類でもありますが、
仮想通貨の銀行なので、

もちろん、仮想通貨からの収益もあります。



とは言え、仮想通貨も実ビジネスに当てはめています。



どういうことかというと、



YouBankにお金を預けると
毎日の配当はYBTという
独自トークンで払い出されます。



このYBTは、既に中国では
公共料金の支払いで利用出来たり、
スタバでも使えます。



アプリ内にショッピングモールも出来上がっていて、
ここでお買い物もできます。



CTRIPという中国大手旅行会社でも
使用することが出来ます。



日用品から、シャネルなどのハイブランドも
購入することが出来ます。



旅行も出来て
公共料金も支払えて
日用品の購入も出来て
欲しいものも買えて



YBTは既に通貨として価値があるものと
なってきています。



YBTを使うことで、
手数料が発生します。



この手数料収入もかなり大きな収入源です。



今は中国人向けのみですが、
日本人ユーザーもかなり増えてきて
日本人向けのコンテンツ作成も
既に視野に入っているという事です。

(当グループもおかげさまで伸び率ハンパないです)



これから日本人向けのコンテンツが
充実してきたら、



さらに手数料収入が見込めますよね。



そして、YBTが使われることで
YBTの価値も上がります。



通貨は使われないと
価値を生み出しませんからね。



ちなみに、YBTは、
YouBankカードを持っている人なら
カードにチャージすることでそのまま利用できますが、



YouBankアプリ内で、
YBT→USDA→BTC
と交換し、
(*そんなに手間はかかりません)



BTCを日本の取引所に送金することで、
BTC→日本円
に交換することが出来ます。



カードを持っている人は
もうコンビニやスーパーでお買い物したり、



Amazonなどでネットショッピングも
楽しんでいます。


YBTは通貨として使えるんです。



使う先(場所)があるんです。



お金は使われて初めて
需要が生まれ価値が生まれます。



今開発中で、半年後に…



なんて言っているような
プロジェクトではないんです。

何度も言うように、
もう使えているんです。


YouBankが目指すところはデジタル資産の連邦準備銀行

YouBankが目指すところは、
連邦準備銀行(Federal Reserve Bank)なんです。



連銀(FRB)の大きな仕事としては、
金利の調節をして経済を刺激したり、
加熱した経済を抑えたりする
公開市場操作をすることです。



そして、紙幣を発行しているのも
連銀の仕事ですね。



元々アメリカは、個々の銀行が
お金を発行していたりしていたのですが、
やっぱりまとめ役が必要だったようで、
中央銀行の必要性をひしひしと感じ、

FRBが設立されました。



詳しくは、1907年の金融恐慌によって、
新しい通貨制度の確立や
金融システムの必要性が高まったことが
設立のきっかけです。



FRBの設立にロスチャイルド家の働きも
ありました。



余談ですが、
中央ではなく連邦という言葉を使うことで、
1か所が実験を握るようなことにならないように
ということでこの言葉を使っているようです。



FRBを目指しているんです。



大きな話に聞こえて、
今まで仮想通貨で損をしてきたあなたにとっては、



「また大きなこと言って
どうせできなくて投資したお金が
損して終わるってパターンでしょ。」



って思われるかと思います。



でも、既にYouBankはアプリの
完成度が高いんです。



アプリの中で全てのサービスを提供しますよ
という言葉通り、

ショッピングモールや
SNSなど

オールインワンのプラットフォーム
出来上がっているんです。



まだ中国向けではありますが、

今日本ユーザーが劇的に増えている中、



日本人向けのコンテンツの作成にも
目を向けている最中です。



12月中に契約が進めば
東京の六本木にYouBank日本オフィスが
出来上がります。



ここまで進んでいるんです。



もう、楽天やYahooのように
なりつつあるんです。



ユーザー数も1700万アカウント突破し、



始まって半年でこのユーザー数です。



怪しいと思ってやめますか。



それとも



やってみようかなと考えて
そのままにしてしまいますか。



それとも



今始めますか。



今から一緒に稼いで
豊かな毎日を送っていきませんか。