Winsor Master使い方

ウィンザーマスター(WinsorMaster)登録後、何をしたらいいの?

ウィンザーマスターの登録が徐々に進んでいるようです。

3/2時点で既に700,000以上の運用申請があり、650,000までの申請分までは承認されて配当が出始めているとの事です。これに関しても、後ほど解説します。

ウィンザーマスターはYoubankで運用していた資産を引き継ぐことが出来るということで、とりあえず登録だけは済ませたという方もいらっしゃるようです。

登録のあと、何をすればいいのか?
Youbank資産を引き継ぐにはどうすればいいのか?

現時点で分かっていることを共有したいと思います。

ウィンザーマスター登録の注意点

ウィンザーマスターの登録は注意すべき点があります。

前回記事を再掲しますので、必ずご確認下さい。

Youbankユーザーの方は必ずYoubankを紹介してくれた方からウィンザーマスターの招待リンクをもらって登録する必要があります。なぜなら、日本での紹介の紐付けは全て日本TOPリーダーで管理しており、間違いがあるとアカウント削除の対象となるからです。

しかし、Youbankを紹介してくれた方と連絡が取れなかったり、SNSなどネット経由で登録をしていたり、様々な問題で新プラットフォームに登録出来ない場合はLINEからご相談下さい。詳細を確認した上であなたのYoubank資産が確実にウィンザーマスターに移行できるよう対応させていただきます。

Youbankは利用したことがないという方は上記注意点は関係ありません。

Youbankで運用していた資産が、新しいプラットフォームであるウィンザーマスターに移行するため、Youbank時代の紹介の関係が崩れるとNGということです。

ウィンザーマスター登録後、何をすればいいのか?

ウィンザーマスターはWChatというアプリの中に『WinsorMaster』が存在している形になります。

まず紹介リンクからWChatをダウンロードすると、メッセージのやり取りをするチャット機能があることが分かると思います。

ここで、まずは登録リンクを送ってくれた人とメッセージをやり取りをして、確実に繋がっていることを確認しておくことをオススメします。

なお、自分の上位者(紹介してくれた方)のアカウントは以下のとおり、『私』タブの『友人を招待』で「オブジェクトのバインド」の部分に表示されています。(上位者が登録に使用した電話番号かメールアドレス)

現在、システムトラブルの可能性もありますが、自分の紹介で多数の人が登録しているような状況になっている方がいらっしゃいます。

紹介コードを間違えると、紹介していただいた方と紐付いていませんので、必ず確認するようにして下さい。

資金入金と運用について

ウィンザーマスターの運用最低額は100ドルです。

まずは100ドル分の仮想通貨を入金して、運用を始めてみてください。対応している通貨は現時点で、BTC、THC、LTC、EOS、XRP、USDTです。USDTが相場変動の影響を受けないのでオススメです。

運用での配当はWTというウィンザーのトークンで入るようです。

入金はWChatの【私】タブから『ゼロ財布』を選択して『入金』に進み、該当の通貨を選択すれば入金用のアドレスが表示されます。

次に運用はWChatの資産をウィンザーマスターに移行させ、それを運用申請することで可能となります。申請後、承認されるまで数日間必要で、承認されれば翌日から配当が毎日WTトークンで入ります。

Youbank資産を移行させるには?

Youbank資産は現在Municsアプリで確認することが出来ますが、数字が見えているだけで運用益も発生していません。

これが、ウィンザーマスターに移行され、運用することで配当を得ることが出来たり、必要に応じて出金することも出来るようになる”予定”です。

ただし、資産移行の詳細な方法はまだ発表されていないため、会社側からの正式なアナウンスを待つしかありません。

時期的には3月~5月あたりと言われています。

また、Youbank社が香港証券取引所に上場することになり、我々のYoubank資産はYoubank社の株で受け取るか、USDTなどの通貨で受け取るか、選択が出来るようになる予定です。

さらに株での受け取りの場合は資産が1.5倍に、通貨での受け取りの場合は資産が1.2倍になるということも言われていました。

これらは全て以前会社側からアナウンスされたもので、最新情報は明らかになっていません。

全て会社上場後に行われるとすれば、現在コロナウイルスの影響で世界中が混乱しているため、上場についても時期がずれ込む可能性があるのではと考えられ、資産移行に関しても予定より先延ばしになる可能性も考えておかなければいけません。

 

ただ、3/3現在の情報としては、近日中に資産移行に関する詳細なアナウンスがあるという情報が入って来ています。

株に関しても、どのように受け取るか、その後どのように運用していけるのか、明らかになると思われます。

随時、こちらでもお知らせしていきたいと思います。