Municsアプリ使い方

Municsアプリ使い方 BTC入金とUSDAへの両替方法について解説

Municsアプリもついに
ビットコインなどの
他の通貨が入れられるように
なりました。



対象通貨は、
BTC
ETH
EOS
XRP
LTC

になります。



そこで今回は、

・BTCなどの通貨をMunics Bankアプリへの入金方法
・BTCからUSDAへ両替する方法

について開設していきたいと思います。



記事の信頼性として

当ブログ管理者は、youbankのグループ(現:Munics Bank)を
かなりの勢いで伸ばしています。

その功績により、
日本のTOPリーダーにうちのグループの
セミナーに登壇いただいたり、
運営側にも意見を言える立ち位置を獲得しました。

これまでも約3年の間で、
投資案件の紹介&懇切丁寧なサポートで
億万長者を100人くらい輩出していますので、
記事の信頼性につながると思います。

これからは申請YouBankであるMunics Bankで
兆万長者が何人も生まれる可能性も!?


Municsアプリ使い方 BTC入金とUSDAへの両替方法について解説

Municsアプリ使い方 BTC入金とUSDAへの両替方法について解説

今回の記事では、
コインチェックなどの日本の取引所で
ビットコインを購入後、


どのような手順・方法で
Municsアプリに入れられるかについて
開設していきたいと思います。



BTC(ビットコイン)を例にとって
解説していきますが、
他の通貨もやり方は一緒です。



それでは解説していきたいと思います。


【ステップ1】MunicsアプリのBTCを選択

財務管理の画面にある
BTCをクリックします。


【ステップ2】画面下の入金を選択

BTC財布という画面になりますので、
画面の下にある「入金」という項目を
選択します。


【ステップ3】バーコードを読み込むかアドレスをコピーして送金

取引所の送金画面から
バーコードを読み込んで
送金するか、

アドレスをコピーして
取引所の送金アドレス欄に
貼り付けて送金します。



これでしばらく待つと
MunicsのBTCの欄に
送金した数量のビットコインが
送られてきます。



バーコードで送金を行う場合は、
スマホが複数台あったり、
タブレットがあるとやりやすいと思います。


BTCをUSDAに両替する

BTC(ビットコイン)からUSDTを購入しなくても
BTCのまま預金も出来るようになったのですが、


現在USDT、USDAでないと
利率アップにならないようなので、


今回はまずBTCをUSDAに両替する方法について
解説していきます。


【ステップ1】BTCをUSDAへ両替する方法

財務管理画面のBTCを選択し、
画面下の「フラッシュ」を選択します。


【ステップ2】両替したいBTC数量を入力して両替する

BTC数量を入力、または全部を選択します。

両替の手数料(USDA)が表示されます。

OKボタンを押して、
両替完了です。