Munics Bankについて

Municsアプリの新体系・現状について解説

新しいお知らせが出てたけど、
あれってどういうこと?


何かよくわからないし、Municsになって
ちょっと心配。


だれかちゃんと説明して欲しい。


安心できる情報があるなら
教えてほしいな。



というお答えに回答していきたいと思います。



今回の記事では

・Municsアプリの現状 新ルール

について解説していきたいと思います。



記事の信頼性として

当ブログ管理者は、youbankのグループ(現:Munics Bank)を
かなりの勢いで伸ばしています。

その功績により、
日本のTOPリーダーにうちのグループの
セミナーに登壇いただいたり、
運営側にも意見を言える立ち位置を獲得しました。

これまでも約3年の間で、
投資案件の紹介&懇切丁寧なサポートで
億万長者を100人くらい輩出していますので、
記事の信頼性につながると思います。

これからは申請YouBankであるMunics Bankで
兆万長者が何人も生まれる可能性も!?


Municsアプリの新体系・現状について解説

Municsアプリの新体系・現状について解説

今回、旧YouBankユーザー
新しいルールが設けられることになりました。



新しい公告が入り、
日本語訳がちょっと分かりづらかったり
不安になってしまうかもしれませんよね。



でも安心してください。



分かりやすいように
まとめましたので、

新制Munics Bank、リューヤン社長の運営方法について
きっと私たちのために行ってくれている事だと
思えることと思います。


新ルールについて

今回のルールは、新規登録の方は
対象となりません。



旧YouBankユーザーのみに
適用されるルールとなります。


出金に対する新ルール

投資している金額よりも
引き出す金額が大きくなると
その日の紹介報酬がもらえなくなります。



毎日の自分の預金額に対する配当は
入ってきます。



紹介報酬が入ってこなくなる
ということになります。



ただし、月末までに
引き出した金額よりも
投資金額が上回ると

もらえなかった紹介報酬が
月末にまとめて入ってきます。



つまり、月単位で入金(預金)の方が
多かったら、後からもらえます。



「疑わしい?」から
ご自身のバランスが確認できます。


どうすればいいの?

引き出した金額の方が上回ってしまった場合、
どう対処すればいいかというと、

24時間以内(会社の定めた設定時間の中の)に
プラスになると紹介報酬が入ります。



また、マイナスになった日の紹介報酬は
月の締日にまとめて入ります。


マイナスのままだった場合

マイナスのまま月の締日が来た場合は、
マイナスだった日の配当は消滅してしまいます。


注意点

振替(トランスファー)は
自分の系列以外に送ると
出金として扱われ、
マイナスとなります。


自分の系列に振替(トランスファー)したものについてのルール

その送り先で財務計画への入金のみ
出来ます。

28日以内に入金しなければなりません。



これは、様々な不正を防ぐための
理由です。



後で解説しますが、
以前、他グループへ組織移動をさせた
人物がいて、


双方のグループへの大きな迷惑行為と
なってしまったことがあるためです。


入金についてのルール

取引所など、外部からの入金(預金)は
その日の入金としてカウントされます。
これを外部入金と言います。



報酬を、財務計画へ入金(預金)すると、
その日の入金としてはカウントされません。
これを内部入金と言います。


新システムが導入された理由

このようなややこしくて
なんだか今までの良い点がなくなってし待ったように感じ、
不満が出てきてしまうかと思いますが、

このような対策を取らざるを得ない
状況になってしまったのです。



というのも、
普通にまじめに運用している人には
迷惑な話ですが、



自分の得だけ考えて、
あまりよくない投資をしている人たちが
世界中にたくさんいたからなんです。



どんなことをしていたかというと、


例えば、
自分のグループ傘下が1億円
投資していたとします。



そうすると日利が発生しますよね。

自分は500ドルしか入れてなくて
1億円以上の資金を抜いて
高配当報酬のみを得るという人たちが
多発していたという事がありました。



こんなことをしていたら、
会社にとってマイナスになってしまいます。



株のデイトレだったら別にありですが、
MUNICSの事業収入から分配している
”配当”なので、

これを多くの人がやってしまうと、
会社としてはどうにも経営が
やっていけなくなってしまいます。



また、クロスリクルートの対策
という点もあります。



噂などで聞いておられる方も
いらっしゃるかと思いますが、



不正に自分の組織を伸ばしている人が
いました。



これがかなり大きな問題となり、
移った人自身も
双方のグループも
大きなトラブルが発生していました。



今まではグループの垣根を超えて、
送金が出来る仕様であったので、
組織移動が簡単に出来ていたのです。



組織移動などが出来ないように
他のグループの人への送金は
出来ないようにルール変更されました。



健全な運用をしてもらうための
仕方のない対策だったのです。



ルールを設けないと
このように好き勝手に
自分の利益だけを追求しようとする
輩が出てきてしまいました。

ただ、きちんと普通にやっていた人に関しては、
大きな利益が出るように
リューヤン社長は考えてくれているみたいです。

まじめに、普通に
運用していきましょう。


新システム・ルールが出来たことでどういう効果があるのか

今までの高配当な仕組みを考えると、
ちょっと損したように思えてしまうかもしれません。



ですが、より長くユーザーへ配当を出すという
リューヤン社長のプラスの意向もあるんです。



そのためには、
ズルをする人たちが多いと
会社の存続自体も危なくなってしまいます。



なので、まじめにやっているアカウントを
精査していきたいという意向
があります。

まじめにやっているアカウントについては、
ご褒美にきっと大きな利益を得ることが出来ると思います。


~~~~~~~~~~
期限は
2月28日まで適用
~~~~~~~~~~



とされています。

その間は、
ユーザーのアカウントをMUNICS運営側が
チェックしています。


グループの誰かの
引き出し金額が大きくなると
紹介報酬が入ってこなくなってしまいます。



そこで、グループ全体で
協力し合っていく必要があります。



大変かもしれませんが、
協力し合うことで、

・報酬も大きくなる
・引き出し金額も増えていく
・会社も潤う
・組織も広がる
・長期運用をより安心して任せられる
・MUNICSの仕組みを悪用するする人がいなくなる

という効果が期待できます。



なので、
MunicsBankは、ただでさえ、
高配当な投資案件です。



少し、窮屈に感じてしまうかもしれませんが、
それでも他の投資案件よりも稼げるし、
経営も安心の会社が運営しているものです。



MUNICSは、
参加してくれる人には
様々な恩恵を与えますよという会社なので、
信じて続けてお金を増やしていきましょう。



2.新システム・ルールへのQ&A
新システム・ルールへのQ&A

急きょの対策だったので、
毎日リューヤン社長は会議を行っていて、
これからもまだ変更は出てくると思います。

今の時点で回答できる範囲で
回答していきたいと思います。



Q:
今入れている資金が抜けないのが不安だし、
年末で何かと出費があるので苦しいです。
元本さえ返ってこない、というのは考えられますか?



A:
YouBankから引き継いだ資金は、
資産監査期間が終われば
動かせます。

今は実質ロックてますが、
元本はいつでも抜けるというのが、
MunicsBankです。

そしてそもそも元本という
概念はなくて、
銀行に預金してるだけという
イメージです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^
Q:
サブアカウントを利用することは悪いことですか?



A:
もちろん悪いことではありません。
それは公認されています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^
Q:
アカウントを復活させるために、
500ドルの貸付とかもマズイ事だったのですか?



A:
いえ、全く問題ありません。

ダウンばかりに
預金させて、
自分は全然預金せずに

甘い汁だけを吸っていた
主に海外のトップの人たちが
悪い運用というだけです。

そういう人たちを防ぐために
ルールが設けられただけなので、

普通にやってた人たちは
これからも普通にやっていけば
何ら問題ないので安心してください。

^^^^^^^^^^^^^^^^^

リューヤン社長は優れた経営者であり、
金融のプロです。

今までかなりの実績や利益を上げてきていて
本当に素晴らしい人材です。

ユーザーから搾取してやろうなんて
そんなどこかの誰かの様な
せこいことなんてしない人間です。

今旧YouBankユーザーは引き継いだ資金を
ロックされてしまっていますが、

監査期間が終われば
必ず引き出せるようになります。

安心して、Munics Bankを信じて
続けて億万長者を目指していきましょう。